アメリカ留学中における7つの注意点【生活編】

どうも、tettoです。

今回は、アメリカに来て約2ヶ月くらい経ったので海外生活・留学生として生活で気をつけておきたいことを紹介していきたいと思います。

これはアメリカテキサス州のオースティンでのお話なので、他の地域には対応しておりません。ご注意ください。

外食が高い

日本より、物価が1.1倍くらい高い気がします。

それプラス税金も日本より高い。

さらにアメリカには「チップ」という仕組みもあります。

チップについては以下より紹介しています。

これが合計で日本と比べて1.7倍くらいな気がします。

tetto
ちなみに僕の例を挙げると、ラーメンを食べたら1500円かかりました。😱

太りやすくなる

みなさん知っての通り、アメリカは「肥満大国」として有名です。

脂質をたくさん含んだ食べ物で溢れかえってますので、くれぐれも気をつけてください。

ホームステイの人はちゃんと自分の好きな量で辞めましょう。決して気を遣って全部食べようとしなくていいです。

tetto
アメリカはレストランでも「食べきれない分はお持ち帰り」という具合なので、最初から多いくらい作るものなのです。

寮の人は、食事が出ると思うのでちゃんと自分に強く食べすぎないこと!
特にポテトには注意!

アパート暮らしの人はできるだけ自炊を心がけましょう。やはり食事は大切なので、料理は気分転換と思い頑張るのみです。

tetto
いずれは日本食が恋しくなり、アメリカの料理を飽きます。
アメリカンが大好きな僕でも、2ヶ月弱で飽きがきました😅

夜は危ない

アメリカは車社会です。

都会なら出歩く人は昼夜問わず多いですが、少し外れてしまうと昼でも道を歩く人を稀になってしまいます。

僕のいるオースティンですら、夜は人気は少なくなります。

州よっては銃も持つことが可能なので、あまりはしゃがない方が身のためかなと思います。

tetto
アメリカの家は大抵鍵が「2個」ついてます。
それくらい警戒が必要だということです🤔

タバコ・酒・薬物

合法かどうかにもよりますが、かなり進んでます。

タバコは安く、友人間での売買も目にしました。

気軽に吸えてしまうため、僕のように吸わない人はしっかりと断ることが必要です。

お酒は、かなり法律的に厳しいですが(アメリカは21歳から)、「フェイクID」を作成して、みんな普通に買っています。

tetto
アメリカでは、お酒やタバコを買う時、ナイトクラブに入る時など「顔写真付き身分証明証」が必要になってきます。
これがないと断られます

日本よりアルコール度数も基本強いので注意が必要です。

ドラックは僕はまだ遭遇したことはありませんが、ルームメイトやクラスメイトが言うには「普通に出回っている」そう。しっかり断ることを肝に命じておいてください。決して流されてはダメです。

製品の質が悪い

日本の製品の凄さを思い知ります。

特に「爪切り」、「トイレットペーパー」、「ティッシュ」のような日用品。

多少質が悪くても我慢するくらいの覚悟で来た方が良さそうです。

tetto
日本製品もこちらで売ってるところもありますが、大体2倍くらいの値段がします😅

お風呂がない(シャワーのみ)

バスタブのようなものがありますが、ほとんどがお湯をためることができない仕様です。

ユニットバスのイメージを持ってもらえるとわかりやすいです。

さらに、シャワーも取り外して使うことができない場合が多く、固定式ばかりです。

日本人の我々にとっては少し苦があるかもしれませんが、だんだん慣れます。

tetto
こちらでは、お風呂に入るのは「外出する前」が普通。なので、夜にお風呂に入るケースは稀です。

部屋の中も靴

アメリカに来て最初はおそらく、誰もが家に入ったら靴を脱いでしまうと思います。

しかし、こちらでは当たり前のように玄関がなく、靴を脱ぎません。

驚くべきことは、そのままベッドに入ったりもしてしまうことです。

tetto
僕は家ではスリッパを履いて過ごしています☺️

まとめ

とりあえず、今思いついた限り話していきました。

日本はやはりかなり世界でも特徴が強い国だと思うので、ちょっと国外へ出たら違いは顕著に現れます。

ただそれでも、いろんな国の人がアメリカには訪れ生活をしていますし、これが世界ではスタンダードなのかなと思います。

時間が経つにつれて順応してくるので、最初は慣れないかと思いますが、頑張ってください。

tetto
僕は「違う文化の暮らし」を楽しみながら生活しています☺️

日本とアメリカの違いをまとめた記事もありますので是非読んでみてください。

では。

tettoの記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。