フィリピン留学はこの学校で決まり!【Brighture English Academy】

どうも、tettoです。

今回は、フィリピン留学を考えてる人がかなり多いと感じて、僕も昨年の11月に4週間セブ島の方に語学留学をしていたので、その経験談を元に紹介していきたいと思います。

僕が利用した語学学校は

「Brighture English Academy」

です。

それではその全貌を紹介していきたいと思います!!

Brighture English Academyとは

この写真はホームページで使われているものです!

brightureは、フィリピンのセブ島、マンダウエ市のJセンターモールの中にある語学学校です!

厳しい審査から選び抜かれた、フィリピンの英語のエキスパートの先生たちがマンツーマンで授業をしてくださいます!!

ホームページでも「本気で英語を学ぶ」と謳っているくらい、英語漬けの環境になることになります!

ビジネス英語と書かれていますが、僕みたいな留学準備の人にもしっかり対応してくれました!普通に英語を身に付けたい方向けです!

Reading, Listening, Speaking, Writing。全ての技能を確実に伸ばすことができます!!

気になる方はまずホームページを覗いてみてください!

費用

ここがおそらく1番気になるところではないのでしょうか。

僕は4週間でトータル50万弱でしょうか。このくらいかかりました。

こちらをご覧ください。

授業料は週によって変わります。あと、東横インも確実に利用するので、そこは行く期間次第になります。なのでそのほかを説明していきましょう!

航空券

僕の場合は11月と言うこともあり、往復8万(空港税込み)ほどで行けました。

時期によって変わってきてしまうので、航空券は決まったら早めに取ってしまうのがオススメです!

Google Flightが便利です。

食費

食費は安いです。日本の物価の3分の1と考えていいです。

マックは200円でセットを食べられますし、ビールも100円で一本飲めます。

僕は4週間で4万くらいで済ませた感じです。朝ごはんは東横インで食べられるのでそこはかなり嬉しいです!

雑費

あとはまちまちって感じなので、僕がセブで使ったお金の内訳を紹介していきます。

  • お土産代 5000円
  • バカンス 1万円
  • ジム   1000円

思い出した限りこんな感じでした笑

忙しいので滅多にお金を使う時なんてなかったですね笑

滞在場所(東横イン)

こちらの東横インは学校と提携しているので、手続きも全て学校がやってくれます。

さらに、学校があるJセンターモールと同じ建物なので、移動に時間もかからずすごく便利な生活が遅れます!

フィリピンは日本に比べてインフラが整っていませんが、東横インだとあまり不自由なく生活ができます!

外観

外観

高い建物でとても目立ちます!

内観

お部屋

客質はこんな感じです!毎日ルームキーピングサービスをしてくれるので、いつでも帰ってきたら綺麗になっています!

ただ、シャワーの水は綺麗では無いのでそこは気をつけるべきポイントです。

食堂

こんな感じで綺麗な環境なので、生活に困ることなく生活していくことができます!

朝食

コンビーフがメイン

普通のバイキングみたいな感じなので、日本の東横インよりは質がいいです!ただ、味の好みは分かれると思います笑

授業

授業風景

授業の質は、数ある語学学校の中でも群を抜いていると思います!

写真にもある通り、授業は壁に仕切られた個人のスペースで、マンツーマンで行われていきます。隣の席の声が入ってきてしまわないかと心配に思いましたが、授業に確実に集中するので、全くそれは気になりません!

必要なもの

  • パソコンかiPad
  • Google document

この二つを用いて授業が勧められていくので、用意をしっかりしておいてください。

僕はMacBookAirを使いました!

Google Documentはこちらから登録できます。

それでは4技能別に授業を紹介していきます!

ReadingとWriting

Brightureではこの2つの技能を伸ばす授業があります。それは

Reading&Writing

です。この授業では、まず宿題としてマテリアルのサマリーそれに関連したエッセイが与えられます。

それを授業の中で確認と添削をしていくというものです。

R&Wの実際の授業ノート

こちらが僕が実際の授業で使ってGoogle Docのノートです!こんな感じで僕が宿題で書いてきたエッセイを添削されています!

サマリーで読んだ実際の課題はこちら

このReading&Writingの授業は特に重要です。かなり宿題はハードですが、確実にレベルアップできます!

Listening

次は「リスニング」です。

リスニングには2つの授業があります。

Listening&Speaking①

これは僕の中で1番ハードな授業でした。

まず5分程度のマテリアルをメモを取りながら聴いて、その後先生から質問されるのでそれを自分の言葉で答えていきます。

そして次に一つの大きなテーマが与えられ、プチプレゼンみたいな感じで話していきます。準備に2分、話すのに3分という感じです。

その後先生から添削をされて終わりです。

LS1

ノートはこんな感じ。僕が喋ったのを、先生がタイプしてくれます。

Listening&Speaking②

次のは先ほどのバージョン2みたいなものです!

違いは、生徒2先生2で授業が行われるということです。

まず前日にテーマが与えられ(例えば音楽とかファッションとか)、それについてディスカッションしていくという感じです。

最初は自分の先生とそれについての質問をして情報を集めます。次にそれを各々でプレゼンしていきます。

他の人のプレゼンを聴いた後、僕たちはその人に3個の質問をしなくてはいけません。なので、かなり集中して授業に望む必要があります。

Speaking

最後はスピーキングです!

Brightureでは、この技能が1番鍛えられた気がします!

スピーキングには授業が2つあります!

Phonics&Pronunciation

これは「発音」の授業です。

日本人にとって、発音は本当に厄介です。この授業によって、英語の発音が身について、全ての技能に活きてきます。

PP

ノートはこんな感じで、一つ一つの発音に細かくフォーカスしていきます。

Speech Fluency

この授業では「強弱」「イントネーション」を学びます。

日本語は全て一定のリズムと強さで話されるのでこれをしないと、正しい発音と文法で英語を話しても、相手にはなかなか伝わりづらくなってしまいます。

SF

ノートはこんな感じです。

細かく指摘してくれるので、とてもわかりやすく英語のイントネーションを鍛えることができました!

その他の授業

Brightureは他にも僕たち生徒がいち早く英語を習得できるようなカリキュラムを組んでくださっています!

Remedial Class

これは、いわば「自由授業」です。

自分が弱いなと思うところだったり、先生から提案された学習をします。ここでは先生に相談したりして、弱点改善に向けての練習ができます!

生徒の一部では、先生とのお喋りに使ってる方もいました!

フィリピンはとても面白い国で、先生たちも色々なことを知ったり話すのが好きなので、英語で他の学習もできるかなと思います!

Presentation

これがBrightureで1番の特徴ではないのでしょうか。

生徒は、入学した週と卒業の週に必ずプレゼンを行います。多くの人に見られて英語で自分の話したいテーマを語る。なかなかする機会なんてないと思います。

その他の週は自己参加ですが、僕は全部に参加した方がいいと思います。プレゼンのスキルは今後絶対に活きてきますからね。

ちなみにアメリカでも、もうプレゼンをする機会がありました。

僕のプレゼンの動画はこちらです。

とにかく、ホームページを見て、授業をこんな意図があるのかと、見てみてください!

スケジュール

細かい時間とかはざっとこんな感じです。

平日(学校ある日)

7:00 起床
8:00 朝食
8:50 朝の発音体操
9:00 授業開始
10:00 授業開始
11:00 授業開始
11:50 昼休み
13:10 授業開始
14:10 授業開始
15:10 授業開始
16:00 学校での強制自習
18:10 ホテル着
   自習(宿題)
0:00 就寝

平日はこんな感じで、とにかく勉強勉強という感じです。

昼と夜はJセンターモールで基本食べます。←他の生徒さんと基本一緒に食べてました!

休日は疲れが溜まってたら、ホテルで一日中休む(それでも宿題などやることがある)。

僕がどこかへ行ったのはこんな場所です。

  • ITパーク
  • SMモール
  • Ayalaモール
  • ビーチ
  • ホテルのウォーターパーク

ですね。物価が安いので、色々ショッピングをするのもすごく楽しいと思います!

終わりに

卒業式の時の写真(真ん中の黄色いシャツが僕です)

僕はBrightureで勉強したおかげで、今アメリカでなんとかやっていけています。

本気で英語を学びたい人にはここを選ぶ以外の選択肢はありません!

フィリピンで遊びながら英語もやりたいなと思っている人は絶対にやめてください。向いていません。

僕はBrightureでの皆さんの出会いで、英語以外のことも学ぶことができました。意識が高い人が自ずと集まっている学校なので、忘れらない留学になること間違いなしです!

是非、フィリピンのセブで本気で英語を学んでいきたい人は、Brightureにいきましょう!

では。

tettoの記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。