Tettoの人生の目標

tettoです。

これは僕の未来予想図。いや設計図だ。

19年間様々な経験をしてきて見えてきた僕の未来が広がっている。

見にいこうその景色を。

この記事は何も有益ではありませんが、モチベーションにはなるかもしれません🙇‍♂️

はじめに

僕は常に何かしらの「目標」や「ビジョン」を持っている。

目標があるかないかで、生きていくモチベーションが大きく変わると思う。

目標が無ければ、人生が暇というかつまらなく感じてしまう気がする。

それでは話していきます。

10代の目標

17才まではずっとプロ野球選手が目標で、それが人生の生き甲斐だった。

でも怪我で野球を辞めてから半年くらいは、マネージャーをやっていくだけで精一杯。先のことなんて何も考えられなかった。

半年ほど経ち最初は、筑波大に進学してスポーツトレーナーになろうと思った。そのせいで高校の文理選択も理系にした。 

でもマネージャーやってく上で、僕はスポーツに「プレイヤーじゃない立場」で携わるのが無理だと分かったのだ。

なぜなら、僕はスポーツを「する」のが好きだからだ。

という経緯があり、野球、スポーツ界からは完全に手を引こうと決断した。

その時、どうせ第二の人生になるのなら、真逆のことをしたいと思った。

それが「海外に出ること」だった。

僕は2019年の9月まで日本の外に出たことが一度もなかった。だから単純に面白そうだと思った。

というプロセスで留学するという決断に至り、今アメリカにいる。

ブログだってそうだ、なにか僕の中に革命が起こればと思って始めた。

10代も残り少ししかないが、目標は以下の通り。

「ブログ&留学をひたすら継続」

20代の目標

僕は2020年の1月から大学生になった。だから、2024年の7月に大学卒業となる(うまく卒業できればの話だが😅)。

でも僕は必ず24歳の時点で大学を卒業して、職を持ち始める。

その職とは、人が生きていくためにやらなくてはならない仕事がいいと考えている。

絶対に10年後には生産人口がシフトして、そういう職に就く人が減ると思うからだ。時代の流れを考えたら、「YouTuber」や「投資家」、「プロゲーマー」が増えていくはずだ。

そこを僕は埋める。今の日本の素晴らしいインフラを、後世に維持し続けたい。

そのためにも、アメリカから世界を知り、日本を相対化して見る。それが今何が危惧されているのかを知ることに繋がり、僕がやるべきことだと考えているからだ。

ブログはもちろん続ける、一生続ける。

僕の考え方だったり学びをカタチとして残していきたいからだ。

結婚は、学生でいる間にしたいと考えてる。式や同棲を始めるのはその後になると思うが、お互いの気持ちがはっきりしているので。

子供は20代後半でできたら良いなと思っている。彼女と要相談だ。

結局何が言いたいかというと、20代はまじで遊ぶ余裕ないくらい一生懸命に生きていきたい。

完全に自立して、色々と恩返しをしていきたい。人にも社会にも。

簡潔にまとめるとこうだ。

「自分を取り巻く環境にひたすら向き合う」

30代の目標

一番頑張りたいことはズバリ「教育」で、子供たちをしっかりと育てていきたい。

だから仕事と家庭のバランスが取れ、メリハリのしっかりしている生活ができたら良いなと思う。

子供のやりたがったものは、なんでも挑戦させてあげたい。なので、そのための環境と余裕を手に入れることが必要になってくる。

仕事は継続して、自分たちが生きていくのに必要な仕事を常にできたらいいなと思っていて、その時々の時代の流れに合わせて仕事をしていけたらと思っている。

そのためにも、アメリカに出て気づくことができた日本とその他諸国の状況などの、壮大な量の知識を最大限に生かしていきたいと思う。

常に情報をキャッチしている人間でありたい。

仕事は仕事で、家庭は家庭。そんなメリハリがつけられ、全力で向き合える人間でありたい。

自分を犠牲にしてでも、他人を幸せにしていたい。

そんな目標をまとめたのが以下。

「他人のために行動しまくる」

40代の目標

とにかく人に与える影響力が大きい人でありたい。

自分の子供はもちろん、たくさんの人に目標にされるような人でありたい。

そのためにも常に他人のことを考えられる人で無ければなりません。30代のうちに努力して積み上げたものを生かして、自分からアクションを起こしたい。

僕はこの段階で企業をする。

莫大な知識と経験。そして時代の流れを見極められるようになった眼力を携えて、ひたすら日本を豊かな国として残していく努力をする。

「この人を目標にすれば、日本や世界が平和になっていく」と言われるような人間でありたい。

相変わらずブログで発信はするし、大半の時間を家族と過ごす。

それらをまとめた目標が以下。

「日本を支える人間として影響力を持つ」

50代以降の目標

ここから先のテーマは、社会に貢献し続けること。

誰かに「生かされる」のではなく自らの力で生きて、誰かを支えていたい。

社会のお荷物になるくらいだったら、「死」すら考えている。

そのくらい、自分が老いていくのは考えたくもない。

俺が生きている限り、誰かを、世界を支える存在でありたい。

そこに一番幸せと生き甲斐を感じているから。

生き甲斐を感じれることこそ人生。

そう思いながら必死に生きていきたい。

「死ぬまで誰かのために」

さいごに

僕はまだまだ空っぽで、ちっぽけな人間だ。

しかし、これまで生きてきた19年間は本当に恵まれていた。

好きなことはなんでもやらせてもらえたし、人間関係に困ったことなんて一度もない。

だからもう僕が支えてもらうのは終わりだ。

今度は僕が周りの人を支えていきたい。

僕の格言は「今が一生の宝」

今僕を取り巻く環境や人たちは宝物だ。だから、本当に大切にしていきたい。

未来は待っていない。自身で掴むんだ。

僕は止まらない。

tettoの記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。