【ブログ】自分の吹き出しの作り方(Mac Book利用者)

どうも、tettoです。

バブちゃん
画像のURLどっから取ればいいか分からない〜😫

今回はこれを解決します!

この記事を読めば、簡単に画像URL取得方法が分かります!

tetto
僕自身、すごく苦労しました😅ようやく自分の方法に辿り着いたので、紹介しますね!

結論を言うと

1. 携帯からAirdropで使いたい画像を移行する。
2. ブログの下書きをその画像専用にする。
3. 画像のURLをコピー。
4. 吹き出しを作成。

これで簡潔です。それではいきます。

携帯からAirdropで使いたい画像を移行する

画像の移行に関しましては、これが1番早くて簡単です。

iPhoneで好きな写真を選択したら、Airdropのところに自分のMacの画像と名前が表示されます。

それをクリックしたら完了です。

自分のMacが表示されない場合は、Airdropの設定を「すべての人 」に変更すると表示されます。

ブログの下書きをその画像専用にする

要はこういうことです。画像で紹介します。

このように下書きの欄の中に「画像用」があります。

tetto
僕の下書きも公開しておきます😅

この下書きはこんな感じになっています。

このように画像だけが貼られている状態です。

画像のURLはネットにある画像でしか作れないので、これでネットに存在する画像とすることができます。

このステップはこれでOK。

tetto
この下書きは絶対に残しておいてください!消してしまうと、吹き出しの画像も消えてしまいます!

画像のURLをコピー

あとは、そのURLを取得するだけです。

画像のように、「Googleで画像を検索」をクリックします。

すると以下の画像のような画面に移行します。

小さくしてしまっていますが、上の方に出てくる小さい自分の画像をクリックして、「画像のアドレスをコピー」を選択。

これで、URL取得は完了です。

「画像をコピー」だとURLは取得できないです。

それでは、吹き出しを作っていきましょう!

吹き出しを作成

吹き出しはショートコードを使って作ります。

なので、普通に記事を書くように載せても反映されません。

全てのショートコードは「クラシック」で使います。

左の➕をクリックして、「フォーマット」から「クラシック」を選択できます。

そしてこのクラシックのテキストの中に、以下のコードをコピーペーストします。

[voice icon="" name="" type=""][/voice]

こんな感じになります。

※追記

「クラシック」を使わなくても、そのままショートコードを貼れば反映されます!

もちろんこれだけではいけません。次のようにして作ります。

1. voice icon=の後の「””」の間に先ほどのURLを貼り付ける。
2. name=の後の「””」の間に表示したい名前を入力する。
3. type=の後の「””」の間に「l(左)」か「r(右)」を入力する。
4. その後の「 ][ 」の間にコメントを入力する。

これで完了です。

3の左か右というのは写真を記事の左側に置きたいのか、右側に置きたいのかということです! 

僕の場合はこうなりました。

[voice icon="https://insta-icon-generator-production.s3.amazonaws.com/icon_request/69865/generated_image/20200307-4-diolhx.png" name="tetto" type="r"]こんな感じです。☺️[/voice]

tetto
こんな感じです。☺️

これで終了です。

クラシックの左上はデフォルトは「整形済みテキスト」となっていて紺色だと思いますが、それだと表示した時も紺色になってしまうので、「段落」に変更しましょう。

吹き出しを使って記事を盛り上げよう!

いかがでしたか?

僕もこの作業をするのに、かなりてこずりました。

さらに、当時は説明している記事がほとんどなかったので、情報を探すのにも苦労しました。

しかしこれを読んだあなたはもう大丈夫です!

この記事があなたの役に立てたら嬉しいです。

今回はこれで終わります。

では。

tettoの記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。